村上善男

村上善男 Yoshio Murakami 『鰺ヶ澤オブジェの漂着』 

1933年(昭和8年)  岩手県盛岡市に生れる。

1968年(昭和43年)  宮城県仙台市に移る。

1982年(昭和57年)  青森県弘前市に移る。

2004年(平成16年)  岩手県盛岡市に移る。

1976年(昭和51年) ギャラリー青城個展

​1977年(昭和52年)    〃    〃

​1979年(昭和54年)    〃    〃

1980年(昭和55年)    〃    〃

1987年(昭和62年)    〃    〃

1989年(平成1年)       〃    〃

1991年(平成3年)       〃    〃

1991年(平成3年)       〃    〃

1997年(平成9年)       〃    〃

1998年(平成10年)      〃    〃

2002年(平成14年)      〃    〃

 

生涯にわたり現代美術の旗手として、国内外で

高い評価をうけた。1953年、第38回二科展に

「蛾」初入選。

岡本太郎の知遇を得、太郎部屋とも呼ばれる

交流を重ね、『芸術新潮』の企画で岡本太郎に

東北の風土を紹介した。

1960年頃から注射針を画面に貼り付けた作品

を発表する。

同年より活動の場を、公募団体から画廊での

個展、グループ展へ移す。

1968年(昭和43年)、仙台市に移りギャラリー

青城を訪れた頃より、版画を制作。

気象シリーズ、貨車シリーズなどを発表。

1982年(昭和57年)、弘前市に拠点を移した頃

から、古文書などを材料に津軽の風土をテーマ

にした作品を制作。

1987年「村上善男展」

(萬鉄五郎記念美術館・花巻市)

2000年「万歳七唱 岡本太郎の鬼子たち展」

(川崎市岡本太郎美術館)

2005年「北に澄む-村上善男展」

(萬鉄五郎記念美術館他4館)

2006年「村上善男展」 

(岩手町立石神の丘美術館)

ほか、約80回の個展や数多くのグループ展を

開催。

また文筆家、美術研究家としても知られ、

橡木弘(とちぎひろし)のペンネームでは詩人

としても活動し、初詩集『澱循環』で第1回晩翠賞

に入選。

 

2006年死去。

高山登

1944年 東京に生まれる

1968年 東京芸術大学美術学部油画科卒業

1970年 東京芸術大学大学院美術研究科

      修士課程修了

1981年 宮城教育大学教育学部美術教育科助教授

1990年 文部科学省在外研究員

     (P.S1Museum,international Stujio Artist,N.Y.C)

1991年 宮城教育大学教育学部美術教育科教授

2006年 東京芸術大学美術学部先端芸術表現科教授

近日公開予定
今しばらくお待ちください...

Copyright©2008 The GALLERY SEIJOH

TEL:022-222-8067

村上善男 Yoshio Murakami 『鰺ヶ澤オブジェの漂着』